ドラえもん

プログラミング/画像情報処理

ITK - 医療画像処理専門ライブラリ

・ITK( Insight Segmentation and Registration Toolkit )

ITKとは、医学的な人体内部ボクセルデータ切り出し&位置合わせ専門の国際的ツールキットライブラリである。ITKはオープンソースであり、クロスプラットフォームであり、そのシステムは、画像解析の広範囲に渡るソフトウェアを提供する。ITKは、素晴らしいプログラミング方法論を通じて開発されており、多次元データのレジストレーションとセグメンテーションにおいて、最先端のアルゴリズムを採用している。

 

公式サイトURL:http://www.itk.org/ 

f:id:ikaros2015:20150113124429p:plain f:id:ikaros2015:20150113124519p:plain

3次元ボリュームデータの2次元スライス画像への変換

※ ただし、ボリュームデータの可視化には、「 3DSlicer 」というViewerを使用

 

・3DSlicer

ボリュームデータ可視化のためのソフトウェア

 

ボリュームデータを3次元的に表示させたり、 XY、YZ、XZ 方向のスライス画像として見たりすることが可能である。また、セグメンテーションなどのボリュームデータに対するその他の機能も実装されている。

 

公式サイトURL:http://slicer.org/

 

・ITKの導入方法について

以下のURLに示したファイル共有サーバに、ITKの導入に関するPDF資料を保管

URL:https://drive.google.com/folderview?id=0Bz9yuvZCp4qSTlByS092UnNONWc&usp=sharing